独立できる副業はあるか

 会社努めに嫌気がさし、副業で生計を立てたい、そう考える人も増えてきました。人生のすべてを会社に捧げようとは考えていない人が多いのですから、これも当然です。ですが、生業になりえる収入を副業に求めてしまうのはちょっと危険でもあります。
 生業+副業でダブルの収入源を確保するのはもちろん悪い事ではありません。ですが副業が、会社勤めに比べて安定しているとは到底言えないのが現状です。また、運よく一時的にお金を稼ぐことができでも、その収入を維持していける補償はないのです。生活していける収入を探して、ついつい欲深くなり、詐欺に引っかかりやすくなるのも問題でしょう。
 それでは、生業としても遜色のいない収入が得られる副業はないのでしょうか。もちろんないわけではありません。ただ、誰でもできる、初心者でも始められる仕事で、生活していけるだけの収入となると難しいでしょう。ですから、逆に考えてれば他の人にはない特技を持っていればいいわけです。
 例えば、翻訳などはちょっと英語に自信がある程度ではできないし仕事です。スラングや生活習慣、場合によっては専門用語も知っておく必要があり、なおかつ国語力もなければ翻訳はできません。昔は下訳というバイトもありましたが、今は大雑把に訳す分にはパソコンで事足ります。ですがそれをきちんとした日本語に訳せる人となると数が少ないので、独立しても需要がなくなることはありません。副業としてあまり制度を求められない、ギャラの安い仕事で経験を積んで、実力を付けて生業にするのがいいでしょう。
 プログラミングができる人も、独立してできる仕事のひとつです。ただ、新しい技術を自分で学ぶ姿勢がないとすぐに仕事がなくなってしまいますし、WEBプログラマーなどは、比較的習得しやすい分、ギャラは安めになっています。ですが、エンジニアとしての経験があれば、実力次第で会社に勤務するよりも多くの収入を得ることも不可能ではありません。どんな仕事であれ、独立するには自分でなければできない、何かが必要になるのです。
 アフィリエイトなどのネットビジネスは、誰でも参加できる分野ですが成功できる人は、ほんの一握りです。副業で独立したいとなるとそう簡単な事ではないのです。

 

副業生活のはじめかたTopに戻る