ネット副業は詐欺だらけ

 ネットとパソコンを使って、家で仕事をしたいと考えている人は大勢いるのですが、そんな人が気を付けなければいけないのが、内職詐欺です。「初心者でも簡単」、「誰でもできるネット副業」などなど、インターネットを使っていれば誰もが一度は目にする広告があります。実際そんなことってありえるのでしょうか。 「内職」、「在宅ワーク」等のキーワードで検索を行った場合、かなり多くのサイトがヒットしますが、大半は詐欺だと思ってみた方がいいでしょう。
 メールや文字入力ができるレベル、エクセルやワードが使えるレベルで、時給換算するとかなりの高額になる仕事を在宅で、しかも誰でもできる、初心者でも簡単に稼げる、こんな話は100%詐欺です。最初に資料請求する必要があるところ、登録費などのお金を必要とするところは間違いなく詐欺だと考えて下さい。こうした副業詐欺は、ネットでも数多く事例が紹介されていますが、いまだに騙される人がいるジャンルです。なぜ騙されるのかというと理由は簡単、楽して稼ぎたいと考えているからです。本当にデータ入力や、いまどき誰でも使えるエクセルの単純作業で時給千円もらえる仕事があれば、コンビニのバイトよりは確かに楽です。ですがそんな仕事は存在しないのです。
 典型的な内職商法は、魅力的な仕事内容や収入を紹介し、資料請求を行わせるものです。住所や電話番号などの個人情報を収集して、電話でしつこく勧誘するのが典型的。仕事を始める前に、登録料やトレーニング、テスト費用など、さまざまな名目で仕事の前にお金を支払うことになります。支払ったお金は、「すぐに元が取れます」と勧誘するのが特徴です。言うまでもありませんが、もとが取れるどころか、お金も時間も無駄にしてしまうので、資料請求はしないことが基本です。
 次に引っかかりやすいのがねずみ講です。特徴は違法ではないという謳い文句です。弁護士などが、なんだかんだと理由を付けて合法だと推薦している場合も多いようです。こうしたねずみ講は、もちろん自分がお金を支払って参加し、誰かを勧誘するという形です。ねずみ講は参加しただけで犯罪ですので、「ねずみ講ではありません」という説明があるところほど、怪しいと考えましょう。
 マルチ商法もインターネットを使って勧誘されることが多い詐欺です。マルチ商法は、参加するのに何らかの商品を購入してそのシステムに参加する仕組みです。商売として成り立たせるためには、自分で新たな参加者を見つけて商品を購入してもらう仕組みです。下着や洗剤、情報商材など、販売する商品は多岐に渡り、この製品はマルチ商法だと判別できないものも多数です。商品を売らなければお金になりませんから、ノルマが課せられるマルチ商法も多数存在します。ノルマが達成できなければ自分が買い取ることになる場合もあり、マルチ商法で成功するのは難しいといえます。 マルチ商法に参加しても、騙されただけなら犯罪にはなりませんが、儲けようとして自分が加害者になってしまうのもマルチ商法の怖さです。お金を失うだけでなく、友達や周囲の信頼さえも失いかねません。ちなみに商品の価値に見合わない金額を支払う必要がある場合は、法的にはねずみ講になります。もちろんこの場合は販売しなくても、ひとりも勧誘できなくても犯罪になります。マルチ商法は様々な形態がありますから、参加するのにお金が必要な場合は、最初から参加しない、しつこい勧誘に負けて契約してしまった場合はすぐに解約するようにしましょう。解約の申し入れを断られたり、クーリングオフは効かないなどと拒否されたりした場合は、クーリングオフ期間が過ぎていてもクーリングオフによる解約が可能です。
 ネットで副業を探そうとなると、とにかくおいしい話が多く目移りしてしまう事も多いのですが、結局簡単に儲かるうまい話はないのです。

 

副業生活のはじめかたTopに戻る